RC-Zの打ち放しコンクリート住宅を東京で建てるなら萌未ハウジングへ

サービス案内SERVICE

RC-Zの家について

耐震・耐火・防音・結露・カビ・地球・お財布・人 RC-Zとは

マンションやビルなどのコンクリート建築には、ラーメン構造とよばれる柱梁構造が一般的で角に大きい柱や天井際に大きい梁が出てしまいます。 RC-Z住宅においてはこのような使いづらい建物ではなく壁式コンクリートと呼ばれる構造方式が採用され、柱や梁などの出っ張りのない室内空間が出来ます。

耐える

象が乗せられる家
震度7の地震でも耐えられる

東京はいつ大地震がおきてもおかしくないと言われています。
RC-Zの家は一軒一軒全て構造計算がされていて、震度7クラスの地震がおきても耐えられる構造になっています。
3.11の東日本大震災で南三陸でコンクリートの防波堤が壊されているのに残されている建物がRC-Zの家です。

耐火構造
鉄骨よりも強い耐火構造の外壁・屋根

建築基準法では耐火に関して4つのランクに分けています。木造住宅は火事に対して30分、鉄骨作りは45分しか耐えられません。鉄骨は高温で溶けて建物が倒壊しまう恐れがあります。
RC-Zの家の外壁、屋根は最高ランク「耐火構造」です。

100年以上の躯体耐久力
100年以上の躯体耐久力

木造住宅は20~30年ごとに建て替えたり、大がかりな手入れ必要になりますが。RC-Zの家は躯体が頑丈だから必要に応じて間仕切壁をこわして、将来家族構成の変化にも対応することができます。

防ぐ

家でカラオケが歌える防音性機能
家でカラオケが歌える防音性機能

昔からよく問題になる騒音による近隣トラブル。どんな人が隣人になるかわかりません。
RC-Zの家は最高の防音性能構造で、外の工事や隣人の防音はもちろんのこと幹線道路や線路脇でも騒音や震動が気になりません。

結露なし、カビなし、腐りなし
結露なし、カビなし、腐りなし

コンクリート住宅は結露がひどいと思われがちですが、従来のコンクリート住宅の断熱方法とちがいRC-Zの家は、断熱性能と計画換気のおかげで結露しません。
木造では見えないところで断熱材に結露したり、気づかぬうちに、カビが生えたり、白ありの巣になったりする恐れがあります。RC-Zの家ならコンクリートと断熱材の間のすき間がないので内部結露はありません。
もちろんカビや白ありも発生しません。またダニやカビによるアレルギー喘息やアトピー性皮膚炎の心配もありません。

やさしい

蓄熱性能は木造の20倍
蓄熱性能は木造の20倍

RC-Zの家は断熱材で室内全面をすっぽり包み込んでいるので、冷暖房効率もよく経済的です。
また、トイレや風呂場に入ったら急に冷えるというような温度差もなくお年寄りや血圧の高い方などに負担が少ないのです。
しかも、計画換気で新鮮な空気を安全に取り組めるので安全で快適なのです。

在来コンクリート住宅より安く修繕も不要

鉄筋コンクリート住宅というと高額と思われがちですが、RC-Zの家は、在来のコンクリート住宅のように細分化され、専門の職人が工事するのではなく、SEと呼ばれる多能工が施工するため、工事費がおさえられ安くなるのと同時に責任を持った工事がなされます。
さらに木造で20~30年ごとに建て替えたり大がかりな修繕したりする事を考えた場合、長い目でみると、RC-Zは最もリーズナブルな選択になります。

シックハウスの基準もクリア

RC-Zの家は現在社会問題になっている建材の有害物質による健康被害「シックハウス症候群」の対策も以前から重点項目としており、改正建築基準法にも難なくクリアしています。長い間住む家ですから、健康に関することは重要な要素です。
建ててしまってからでは遅いのです。

工法の比較

FRP製パネルRC工法の比較
メールはこちら